まとめ

コンフィーダイニングの1年間で、アクセスが多かったお店を発表します。

アクセスランキングのアイキャッチ画像

すでに2週間ほど過ぎましたが、コンフィーダイニングを立ち上げて1年が経ちました。

毎日更新をする中で、あまり振り返りをしなかったなあという事を思う今日この頃。

という事で、本日はコンフィーダイニングを数字で振り返ろうと思います。

題して、

『1年間で読まれた記事 BEST 5』

集計方法は以下の通り。

  • ・アクセス解析ツール「グーグルアナリティクス」を使用。
  • ・データの計測期間は2019年2月13日『パパラギ』さん〜2020年2月12日『平八』さんの1年間。
  • ・その間のアクセス数からランキングを作成。
  • ・トップページやまとめ記事、カテゴリーページは除外。

この記事を1番楽しむのは、私なのかもしれません。笑

〈第5位〉西天下茶屋の精肉店『丸八精肉店』で大阪名物のホルモン焼きを【西天下茶屋まとめあり】

第5位にランクインしたのは、南海汐見橋線「西天下茶屋駅」にある『丸八精肉店』さん。関東圏からのアクセスが異常に多いお店です。

西成名物のホルモン焼きを初めていただいたのですが、めっちゃ美味しくて感動したのを覚えています。

ブログ運営目線で言うと、180円という取材費でこれだけのアクセスを集められる記事ができたのは幸運でした。

〈第4位〉【松本家の休日】本町の人気ハンバーグ店『ワインちゃん瓦・町・路・地』でランチを。

第4位は本町駅にあるハンバーグ店『ワインちゃん瓦・町・路・地』さん。ランチタイムには本町界隈のOL・サラリーマンが集う人気店です。

ただでさえ人気店な上に、テレビ番組「松本家の休日」に出演されたので、その人気に拍車がかかったのでしょう。コンフィーダイニングの記事にもアクセスが集中しました。

前回お伺いしたときはステーキが売り切れだったので、次回は必ず。

〈第3位〉【メニュー詳細あり】蒲生四丁目の『八百屋食堂まるも』で限定20食の木箱ランチを

第3位にランクインしたのは、蒲生四丁目駅にある『八百屋食堂まるも』さん。八百屋さんが運営するお店で、段違いに美味しい野菜が楽しめるお店です。

『八百屋食堂まるも』さんの記事は特にバズった訳ではないのですが、アクセス数の平均が高い優等生。

サラダバーでお野菜を楽しんで、帰りに野菜を買って帰るのがルーティーン。

〈第2位〉『珈琲館サモア』|【M-1優勝のミルクボーイがネタ合わせに訪れるお店】

第2位は、難波と大国町の間にある『珈琲館サモア』。地元の方で賑わいを見せる純喫茶店です。

『珈琲館サモア』さんは、2019年の年末に行われたテレビ番組「M-1グランプリ」で優勝したミルクボーイさんが打ち合わせでよく訪れていたお店。

その繋がりから、ミルクボーイさんのドキュメンタリーなどで『珈琲館サモア』さんが登場したそうです。(スミマセン…。私は拝見していないです。)

その放送後、猛烈にアクセスが集中しました

〈第1位〉【飲むわらび餅!?】堺筋本町にある、大阪を代表するわらび餅のお店『和菓子isshin(イッシン)』

第1位に輝いたのは、堺筋本町にある『和菓子isshin(イッシン)』さん。

とろっとろのわらび餅が有名なのですが、2019年の初夏に発売された飲むわらび餅「わらびもちはのみものです。」の記事がダントツの1位になりました。

テレビで「のむわらびもち」が放送された後、爆発的にアクセスが伸びました。(やはり、テレビの影響力ってスゴイです。)

※こぼれ話ですが、そんな『和菓子isshin(イッシン)』さんの記事も日曜・月曜はアクセスが控えめになります。

理由は単純。

定休日だから。笑

さいごに(純喫茶は衰退産業)

コンフィーダイニングの全記事に対する純喫茶店の記事は約30%。ランクインしたのはテレビがきっかけでバズった1記事のみでした。

私は純喫茶店が好きなのですが、現実的な目線で言うと、純喫茶店は基本的に衰退産業であることが見えてきました。ですが、純喫茶店を記事として残していくことが将来の貴重な財産になると考えていますので、これからも純喫茶店をまわろうと思います。

コンフィーダイニングがお伺いした純喫茶店はこちら

 

最後に、念の為お伝えしておきます。

数字から判断すると絶対に順位が付きますが、これはメディア露出などのちょっとしたことがきっかけ

ランクインしなかった記事も、同じ情熱で作成していますと胸を張って言えます。

ご理解いただければ幸いです。

それでは。